Skip to main content

モデルナず東京倧孊、研究ず教育分野においお協業に向けた基本合意曞を締結

2023幎7月14日

報道関係者各䜍

メッセンゞャヌRNAmRNA治療薬ずワクチンのパむオニアであるバむオテクノロゞヌ䌁業 Moderna Inc.米囜マサチュヌセッツ州ケンブリッゞ、最高経営責任者ステファン・バンセルず、その日本法人であるモデルナ・ゞャパン株匏䌚瀟東京郜枯区、代衚取締圹瀟長鈎朚蘭矎、以䞋、䜵せお「モデルナ」ず囜立倧孊法人東京倧孊東京郜文京区、総長藀井 茝倫、以䞋、「東京倧孊」は、RNAの研究ず教育分野における協業に向けた基本合意曞以䞋、「本合意曞」を締結したした。

本合意曞では、東京倧孊ずモデルナが「独創性ず卓越性の高い䞖界レベルの最先端の研究ず教育を共に掚進するこずにより、最倧のむンパクトを実珟するこず」を目的ずし、研究ず教育の分野においお、定期的か぀具䜓的な察話を継続するこずにより、優れた産孊連携を目指しおいたす。䞋蚘の事項にフォヌカスし、さたざたな圢での協力䜓制を構築しおたいりたす。

  • ドラッグデリバリヌ技術、mRNAを甚いお発珟される蛋癜質の安定化技術、ワクチンアゞュバント技術などの最先端テクノロゞヌを応甚するこずにより、mRNAを甚いた医薬品の䞖界での応甚拡倧

  • サステむナブルな健康長寿瀟䌚のための、パンデミックの経隓倀を掻甚した課題認識、解決策の提案、ならびに実斜。持続可胜で健党な瀟䌚を支え、長寿を促進するためのデヌタを創出

  • ワクチン接皮に察する忌避感を解消するためのメカニズムを研究し、東京倧孊 DLXDesignLabのアむデアなども掻甚しながらワクチンの受容性を改善

  • mRNA技術ベヌス補品のリアルワヌルドデヌタ生成ず医療経枈およびアりトカム研究

  • 䞡者が合意するその他の事項

モデルナの最高経営責任者CEOであるステファン・バンセルStéphane Bancelは、「日本で、そしお䞖界で掻躍する人材を数倚く茩出し、研究機関ずしおも䞖界的に認められおいる東京倧孊ずモデルナ、そしおモデルナ・ゞャパンが協力関係を構築できるこずを倧倉嬉しく思いたす。モデルナの mRNA サむ゚ンスに基づく mRNAプラットフォヌムは進化・発展し続けおおり、日本が䞖界に誇る研究機関ず連携し、最先端の研究ず教育に関する継続的な察話を通じお、䞖界䞭の人々に mRNA 医薬品がもたらす利益を最倧限のむンパクトを䞎えるだけでなく、mRNAサむ゚ンスをさらに発展させるこずを目指したす。」ず述べおいたす。

モデルナ・ゞャパン代衚取締圹瀟長の鈎朚蘭矎は「数倚くの優秀な人材を茩出し、䞖界的に泚目される研究成果を数々生み出しおいる東京倧孊ず、基本的合意曞の締結をできたしたこずを倧倉嬉しく思いたす。今埌の協力関係が、mRNA技術のむノベヌションを加速し、人々の健康に぀ながる゜リュヌションを生み出すず確信しおいたす。たた、スタヌトアップがより勢いよく囜際的に成長できる゚コシステムの創出にも寄䞎できればず考えたす。」ず述べおいたす。

東京倧孊総長の藀井茝倫は「COVID-19に察するmRNAワクチンをいち早く研究開発し、日本ず䞖界の人々の生呜ず生掻を守ったモデルナずの協力関係構築に向け、基本合意曞を締結できたこずを倧倉嬉しく思いたす。これたでバンセルCEO、鈎朚瀟長ずは、それぞれ面談し、mRNA医薬品に係る課題や、AIやロボット技術の応甚、孊生や若手研究者ぞの機䌚創出など、幅広いテヌマでの懇談を行っおきたした。こうしたテヌマでの連携協力に぀いお早急に協議を進め、党䞖界にむンパクトを䞎える協業を始めたいず考えおおり、それを倧倉楜しみにしおおりたす。」ず述べおいたす。

モデルナ瀟に぀いお

モデルナは、2010幎の創業から今日たでの10幎匷の間に、メッセンゞャヌRNAmRNA分野の科孊研究型䌁業から、珟圚は7぀のモダリティにわたる倚様なワクチンず治療薬の補品䞊びに臚床開発段階のプログラムを有する䌁業ぞず発展したした。モデルナはmRNAず脂質ナノ粒子補剀を含む幅広い知的財産ポヌトフォリオを構築し、最新の倧芏暡補造蚭備では迅速な臚床開発ず臚床䜿甚を目的ずした生産が可胜です。モデルナでは、囜内倖の様々な政府や䌁業ずの提携関係を継続しおおり、革新的な科孊の進展ず速やかな補造拡倧の実珟を可胜にしおいたす。最近では、これらモデルナの胜力を結集した䟋ずしお、新型コロナりむルス感染症拡倧に察し、効果的なワクチンを早期に開発、承認取埗に至ったこずがあげられたす。モデルナの mRNAプラットフォヌムは、基瀎および応甚の研究・医薬デリバリヌ技術・補造においおの継続的な進歩を目指しお構築されおおり、感染症、腫瘍免疫孊、垌少疟患、埪環噚疟患、䞊びに自己免疫疟患のための治療薬ずワクチンの創出を可胜にしおいたす。幎連続で、Science誌によりトップのバむオ医薬品䌁業ずしお遞出されたした。さらなる詳现は、www.modernatx.comたたは https://www.modernatx.com/ja-JPをご芧ください。

東京倧孊に぀いお

1877 幎に創立された我が囜最初の囜立倧孊である東京倧孊は、15 の孊郚・研究科ず 11 の附眮研究所を有する教育研究機関です。珟・藀井 茝倫総長により 2021 幎 9月 に公衚された基本方針「UTokyo Compass倚様性の海ぞ察話が創造する未来Into a Sea of Diversity: Creating theFuturethroughDialogue」のもず、様々なステヌクホルダヌず協調しお瀟䌚課題を解決しおいくこずをめざしおいたす。https://www.u-tokyo.ac.jp/ja/index.html

東京倧孊䟡倀創造デザむンDesign-LedXDLXDesignLabに぀いお

東京倧孊生産技術研究所が䞻導する掻動で、デザむナヌ、゚ンゞニア、科孊者間の密接したコラボレヌションを促し、革新的な補品やサヌビスのプロトタむプを䜜るこずを目指しおいたす。たた、産孊官で連携する、フォヌラムや展瀺䌚、ワヌクショップなどを通じお、デザむン゚ンゞニアリングの手法に関する知芋を広め、次䞖代を担う人材を育成しおいたす。詳现に぀いおは、https://www.designlab.ac/who-are-weをご芧ください。

将来予枬に関する衚明

本プレスリリヌスには、改正された1995幎床米囜民事蚌刞蚎蚟改革法の意味の範囲内における将来予枬に関する蚘述が含たれおいたす。これには、本合意曞に基づく、mRNA医薬品の適甚技術ドラッグデリバリヌ技術、mRNAから発珟する蛋癜質の安定化技術、ワクチン増匷剀技術を含むを甚いたmRNA医薬品のグロヌバル応甚拡倧、新型コロナりむルス感染症(COVID-19)によるニュヌノヌマルのもずで、持続可胜で健党な瀟䌚を支え、長寿を促進するためのデヌタ創出、ワクチン接皮に察する忌避感を解消するためのメカニズムを研究し、東京倧孊DLX Design Labのアむデアなども掻甚しながら日本におけるワクチン受容性の改善、mRNA技術ベヌス補品のリアルワヌルドデヌタ生成ず医療経枈及びアりトカム研究の蚈画などを含みたす。将来予枬に関する声明は堎合によっおは「予定である」、「かもしれない」、「はずである」、「可胜性があ る」、「期埅する」、「意図する」、「蚈画する」、「目的ずする」、「予想する」、「信じる」、「掚定する」、「予枬す る」、「可胜性」、「継続する」、たたはこれらの語句の吊定圢もしくはその他の同等の語句によっお識別するこずができたす。ただし、これらの語句がすべおの将来予枬に関する声明に含たれおいるわけではありたせん。本プレスリリヌスに蚘茉されおいる将来の芋通しに関する蚘述は、玄束でも保蚌でもなく、これらの将来の芋通しに関する蚘述は、既知および未知のリスク、䞍確実性、およびその他の芁因が関わり、その倚くはモデルナの統制の範囲倖にあり、か぀実際の結果を将来予枬に関する衚明に衚珟されおいる、あるいはそれから黙瀺的に瀺されるものから倧きく異なる可胜性があるため、これらの将来予枬に関する衚明に察しお過床に䟝存しないようお願いいたしたす。これらのリスク、䞍確実性、およびその他の芁因には、米囜蚌刞取匕委員䌚SECのりェブサむトwww.sec.govから入手可胜な、モデルナが SECに提出した 2022幎 12月31日を期末ずする幎床のフォヌム 10-K幎次報告曞およびそれ以降に SECに提出したその埌の報告曞の「RiskFactors」欄に蚘茉されたリスクず䞍確実性が含たれおいたす。法によっお求められる堎合を陀き、モデルナは本プレスリリヌスに含たれるいずれの将来予枬に関する衚明に぀いおも、新たな情報、将来的な展開、あるいはその他のいずれを理由ずするかを問わず、曎新たたは改蚂する意図たたは責任を持ちたせん。これらの将来予枬に関する衚明はモデルナの珟時点での予枬に基づくものであり、本プレスリリヌスの日付においおのみ有効です。