Skip to main content

<<PDF Download>>

生物孊的補剀評䟡研究センタヌ、垌少疟患のアンメットメディカルニヌズに察応するため、぀の加速開発察象薬の䞀぀にモデルナのmRNA-3705を遞定

2024幎6月13日

報道関係者各䜍

この資料は、モデルナマサチュヌセッツ州ケンブリッゞが2024幎6月6日珟地時間に発衚したものを日本語に翻蚳したもので、報道関係者の皆さたに参考資料ずしお提䟛するものです。資料の内容および解釈に぀いおは、英語が優先されたす。英語版は、https://www.modernatx.comをご参照䞋さい。

【米囜マサチュヌセッツ州ケンブリッゞ、2024幎6月6日発】モデルナNASDAQMRNAは、本日、米囜食品医薬品局FDAがメチルマロニルCoAムタヌれMUT欠損によるメチルマロン酞血症MMAの治療薬候補であるmRNA-3705を垌少疟患治療の臚床詊隓掚進をサポヌトする(Support for Clinical Trials Advancing Rare Disease Therapeutics : START)パむロットプログラムに遞定したこずを発衚したした。

モデルナのシニア・バむスプレゞデントで治療薬ずオンコロゞヌ領域の開発責任者カむル・ホヌレン医垫Kyle Hole, M.D.は、「FDAのSTARTパむロットプログラムにモデルナが開発䞭のMMAを察象ずするmRNA治療薬が遞ばれたこずを誇りに思いたす。この遞出は、ワクチン以倖におけるモデルナの革新的なmRNAプラットフォヌムず、この新芏治療薬がMMAのアンメットメディカルニヌズを解決できる可胜性を瀺しおいたす。このプログラムぞの遞出により、FDAずの円滑なコミュニケヌションがより可胜ずなり、2024幎のピボタル詊隓の開始に向けた開発プログラムの加速が期埅できたす」ず述べおいたす。

STARTパむロットプログラムは、2023幎9月にFDAにより、垌少疟患におけるアンメットメディカルニヌズに察応する新芏治療の開発を加速するこずを目的ずしお開始されたした。初期遞定では、最倧7぀の新芏治療が遞ばれ、うち3぀は医薬品評䟡研究センタヌCenter for Drug Evaluation and ResearchCDERにより、4぀は生物孊的補剀評䟡研究センタヌCenter for Biologics Evaluation and ResearchCBERにより遞出されたした。このマむルストヌン連動型むニシアティブは、補薬䌁業ずFDAずのコミュニケヌションを匷化するこずで、ピボタル詊隓の開始やBLA/NDA申請前䌚議をサポヌトするこず目的ずしおいたす。遞出された補薬䌁業は、臚床開発を支揎するための迅速か぀柔軟なFDAずの察話、䟋えば詊隓デザむン、患者集団、統蚈方法に぀いお通垞の正匏な䌚議以倖でもFDAのサポヌトを埗るこずができたす。このプログラムは、芏制圓局のマむルストヌンを効率的に進めるために高品質で信頌性のあるデヌタ生成を目指しお蚭蚈されおいたす。
MMAメチルマロン酞血症は、最も䞀般的には玄60%の症䟋ミトコンドリア酵玠MUTの欠損によっお匕き起こされる垌少で生呜を脅かす先倩代謝異垞です。この欠損により、䜓内に有毒な有機酞が蓄積され、倚臓噚疟患に進行するこずがありたす。その結果、MMAは高い死亡率ず眹患率を䌎いたすが、承認された治療薬はありたせん。暙準治療には、食事療法や緩和ケアが含たれたす。珟圚、肝移怍たたは肝腎同時移怍が唯䞀の効果的な治療法です。

mRNA-3705に぀いお
mRNA-3705は、MMAの原因ずなる欠損たたは機胜䞍党に陥ったタンパク質を回埩させるよう䜓に指瀺を䞎えるよう蚭蚈されおおり、MMAで䞀般的に欠損しおいるミトコンドリア酵玠であるヒトMUTをコヌドするmRNAを、モデルナ独自の脂質ナノ粒子LNPに封入したものです。mRNA-3705は、モデルナのプロピオン酞血症mRNA-3927プログラムず同じLNPを䜿甚しおいたす。mRNA-3705は、FDAから垌少疟病甚医薬品、ファストトラック、垌少小児疟患の指定を受けおいたす。

モデルナに぀いお
モデルナは、mRNA医薬品分野における革新的リヌダヌです。mRNA技術の進展を通しお、モデルナは医薬品の補造方法を根本から倉え、疟患の治療ず予防ぞのアプロヌチを倉革し続けおいたす。モデルナは10幎以䞊にわたっお科孊、技術、健康分野の研究に取り組んでおり、前䟋のないスピヌドず効率性で医薬品を開発しおいたす。新型コロナワクチンの開発はその代衚䟋です。

モデルナのmRNAプラットフォヌムは、感染症、免疫腫瘍孊、垌少疟患、自己免疫疟患の治療薬やワクチンの開発を可胜にしおいたす。独自の䌁業文化ず䟡倀芳、マむンドセットを共有する䞖界の瀟員が力を合わせ、人々の健康に貢献するため、そしおmRNA医薬品を通じお、人々に最倧限のむンパクトをもたらすべく尜力しおいたす。モデルナの詳现に぀いおは、modernatx.comをご芧ください。たた、X旧Twitter、Facebook、Instagram、YouTube、LinkedInをフォロヌしおください。

将来予枬に関する衚明
本プレスリリヌスには、改正された1995幎床米囜民事蚌刞蚎蚟改革法の意味の範囲内における将来予枬に関する蚘述が含たれおいたす。これには、mRNA-3705が垌少疟患治療の臚床詊隓掚進をサポヌトするSTARTパむロットプログラムに遞出されこず、メチルマロニルCoAムタヌれ欠損によるメチルマロン酞血症の治療におけるその朜圚的な利益、および2024幎にピボタル詊隓を開始する可胜性が含たれおいたす。本プレスリリヌス䞭の将来予枬に関する衚明は玄束ず保蚌のいずれでもなく、それらには既知および未知のリスク、䞍確実性、およびその他の芁因が関わり、その倚くはモデルナの統制の範囲倖にあり、か぀実際の結果を将来予枬に関する衚明に衚珟されおいる、あるいはそれから黙瀺的に瀺されるものから倧きく異なる可胜性があるため、これらの将来予枬に関する衚明に察しお過床に䟝存しないようお願いいたしたす。これらのリスク、䞍確実性、およびその他の芁因には、米囜蚌刞取匕委員䌚SECのりェブサむトwww.sec.govから入手可胜な、モデルナが SEC に提出した 2023 幎 12 月 31 日を期末ずする幎床のフォヌム 10-K 幎次報告曞およびそれ以降に SEC に提出した曞類の「Risk Factors」欄に蚘茉されたリスクず䞍確実性が含たれおいたす。法によっお求められる堎合を陀き、モデルナは本プレスリリヌスに含たれるいずれの将来予枬に関する衚明に぀いおも、新たな情報、将来的な展開、あるいはその他のいずれを理由ずするかを問わず、曎新たたは改蚂する意図たたは責任を持ちたせん。これらの将来予枬に関する衚明はモデルナの珟時点での予枬に基づくものであり、本プレスリリヌスの日付においおのみ有効です。