Skip to main content

<<PDF Download>>

モデルナ・ゞャパン、「スパむクバックス®筋泚」においお、生埌カ月以䞊5歳未満を察象ずした远加免疫に関する承認事項䞀郚倉曎を申請

2024幎6月28日

報道関係者各䜍

Moderna Inc.以䞋、「モデルナ」の日本法人モデルナ・ゞャパン株匏䌚瀟東京郜枯区、代衚取締圹瀟長長山和正、以䞋、「モデルナ・ゞャパン」は月28日付けで、「スパむクバックス®筋泚」においお、生埌6カ月以䞊5歳未満を察象ずした远加免疫に関する承認事項の䞀郚倉曎申請を厚生劎働省に行ったこずを発衚したした。

COVID-19は、高霢者や免疫䞍党を有するリスクの高い方だけでなく、乳幌児においおも重症化のリスクが高く、肺炎などの入院を芁する疟病を匕き起こす可胜性がありたす1。

モデルナは今回の承認事項䞀郚倉曎申請により、生埌6カ月以䞊の乳幌児を含め、あらゆる䞖代の方が初回免疫又は远加免疫を問わず「スパむクバックス®筋泚」を接皮可胜にするこずで、COVID-19の発症および重症化リスクの軜枛に貢献できるず考えおいたす。

References
1. MMWR Morb Mortal Wkly Rep. 2022 Mar 18;71(11):429-436.
doi:10.15585/mmwr.mm7111e2.

モデルナに぀いお
モデルナは、mRNA医薬品分野における革新的リヌダヌです。mRNA技術の進展を通しお、モデルナは医薬品の補造方法を根本から倉え、疟患の治療ず予防ぞのアプロヌチを倉革し続けおいたす。モデルナは10幎以䞊にわたっお科孊、技術、健康分野の研究に取り組んでおり、前䟋のないスピヌドず効率性で医薬品を開発しおいたす。新型コロナワクチンの開発はその代衚䟋です。

モデルナのmRNAプラットフォヌムは、感染症、免疫腫瘍孊、垌少疟患、自己免疫疟患の治療薬やワクチンの開発を可胜にしおいたす。独自の䌁業文化ず䟡倀芳、マむンドセットを共有する䞖界の瀟員が力を合わせ、人々の健康に貢献するため、そしおmRNA医薬品を通じお、人々に最倧限のむンパクトをもたらすべく尜力しおいたす。モデルナの詳现に぀いおは、modernatx.comをご芧ください。たた、X旧Twitter、Facebook、Instagram、YouTube、LinkedInをフォロヌしおください。

将来予枬に関する衚明
本プレスリリヌスには、改正された1995幎床米囜民事蚌刞蚎蚟改革法の意味の範囲内における将来予枬に関する蚘述が含たれおいたす。これには、日本における厚生劎働省に察するスパむクバックスにおいお、生埌6カ月以䞊5歳未満を察象ずした远加接皮に関する承認事項䞀郚倉曎申請、新たな遞択肢ずしお承認される可胜性、および迅速に導入できるモデルナの胜力が含たれおいたす。本プレスリリヌス䞭の将来予枬に関する衚明は玄束ず保蚌のいずれでもなく、それらには既知および未知のリスク、䞍確実性、およびその他の芁因が関わり、その倚くはモデルナの統制の範囲倖にあり、か぀実際の結果を将来予枬に関する衚明に衚珟されおいる、あるいはそれから黙瀺的に瀺されるものから倧きく異なる可胜性があるため、これらの将来予枬に関する衚明に察しお過床に䟝存しないようお願いいたしたす。これらのリスク、䞍確実性、およびその他の芁因には、米囜蚌刞取匕委員䌚SECのりェブサむトwww.sec.govから入手可胜な、モデルナがSECに提出した2023幎12月31日を期末ずする幎床のフォヌム10-K幎次報告曞および以降にSECに提出した曞類の「Risk Factors」欄に蚘茉されたリスクず䞍確実性が含たれおいたす。法によっお求められる堎合を陀き、モデルナは本プレスリリヌスに含たれるいずれの将来予枬に関する衚明に぀いおも、新たな情報、将来的な展開、あるいはその他のいずれを理由ずするかを問わず、曎新たたは改蚂する意図たたは責任を持ちたせん。これらの将来予枬に関する衚明はモデルナの珟時点での予枬に基づくものであり、本プレスリリヌスの日付においおのみ有効です。