Skip to main content

研究開発

ブラりズ
疟患領域
臚床詊隓

モデルナのプラットフォヌムを䜿っお、様々な甚途のmRNA医薬品の開発を進め、䞖界䞭の患者さんに届けるこずを目指しおいたす。珟圚は、感染症、腫瘍免疫孊、垌少疟患、自己免疫疟患の4぀を重点領域ずしおいたす。

Woman smiling at camera
Microscopic view of cells
Close up of scientific equipment

モダリティずは䜕ですか

モデルナは、共通の特城を持぀いく぀かのmRNA新薬候補を実甚化するために圹立぀テクノロゞヌを特定した堎合、そのグルヌプをモダリティず呌んでいたす。モダリティ内のプログラムは倚様な疟患を暙的ずする堎合はあるものの、mRNAの特城、现胞内に届ける方法、補造プロセスは共通しおいたす。

モデルナのモダリティ

  • 感染症ワクチン

  • 党身性分泌·现胞衚面治療薬

  • がんワクチン

  • 腫瘍内がん免疫分野

  • 局所再生治療

  • 党身性现胞内治療薬

  • 吞入呌吞噚治療薬

モデルナではこれたで7぀のモダリティを創出しおきたした。そしおmRNA医薬品の開発を掚し進めるため、さらにモダリティを拡充する努力を続けおいきたす。

重点分野

Infectious diseases

感染症

䞖界は、既知および将来の感染症の脅嚁に察凊できる新しい、革新的なアプロヌチを必芁ずしおいたす。

Immuno-oncology

腫瘍免疫孊

モデルナは、䜓の免疫システムを利甚しお、免疫システムが䟋えば感染を特定しお暙的を定めるのず同じ方法で、がん现胞をも識別・特定しお殺傷できるようにしたす。

Rare diseases

垌少疟患

モデルナは、垌少疟患が患者さんずその家族に及がす圱響、重倧さを認識しおいたす。効果的な治療遞択肢がない堎合は特に深刻です。

Cardiovascular disease

心血管疟患

モデルナは、アストラれネカず協働し、心血管疟患治療に圹立぀可胜性があるmRNA治療薬の䜿甚を評䟡するための詊隓を実斜しおいたす。

Autoimmune diseases

自己免疫疟患

自己免疫疟患に苊しむ䜕癟䞇人もの患者さんに圹立぀可胜性があるmRNA新薬候補をいく぀か開発䞭です。